読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後のチェルノブイリ(その2)Chernobyl VR Project

プリピャチ。原子力関係施設で働く人たちとその家族のために作られた人工都市。かつて住んでいた人の数は5万人ほど。プリピャチにはチェルノブイリ原子力発電所があり、リピャチの人たちが住んでいた場所から原子炉までは4kmくらい。1986年チェルノブイリ…

原発を犠牲システムとしてとらえる視点

高橋哲哉『犠牲のシステム福島・沖縄』(集英社新書、2012) 目次 はじめに 第一部 福島 第一章 原発という犠牲システム 虚をつかれた/福島の出身者として/首都圏の人間として/いかに語るか 「原発という犠牲のシステム」(『週刊朝日 緊急増刊 朝日ジャ…