読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発を犠牲システムとしてとらえる視点

事故 労働問題 原発 原発作業員 地震 放射性廃棄物 放射線 政策 社会構造 環境 経済 被曝 人道 文化

高橋哲哉『犠牲のシステム福島・沖縄』(集英社新書、2012)

目次

はじめに

第一部 福島

 第一章 原発という犠牲システム

   虚をつかれた/福島の出身者として/首都圏の人間として/いかに語るか

  「原発という犠牲のシステム」(『週刊朝日 緊急増刊 朝日ジャーナル』)

 第二章 犠牲のシステムとしての原発、再論

  「犠牲のシステム」とは何か/第一の犠牲ーー過酷事故/

  放射線被曝の不安/地元産業への被害/

  福島県民への差別「放射能がうつる」/

  「福島県民はどこに捨てるの」/

  歴史的な差別意識の名残「東北土人」/

  自然環境の汚染/想定外ではなかった大事故/

  第二の犠牲ーー被曝労働者/恒常的に組み込まれた被曝労働/

  二重の被害/第三の犠牲ーーウラン採掘に伴う問題/

  第四の犠牲ーー放射性廃棄物をどうするか/

  「核のゴミ」を海外に押し付ける/3・11以後の日本の課題/

  植民地主義日米安保体制と「海に浮かぶ原発」/

  原発から「核の軍事利用」へ/原発は「核の潜在的抑止力」

第三章 原発事故と震災の思想論

 一 原発事故の責任を考える

  「なぜ、こんなことになってしまったのか」/

  第一義的な責任は「原子力ムラ」にある/政治家・官僚の責任/

  学者・専門家の責任/迷走した安全基準/山下発言の何が問題か/

  河上肇「日本独特の国家主義」/市民の責任/

  無関心だったことへの責任/地元住民の責任/政治的な責任

 二 この震災は天罰かーーー震災をめぐる思想的な問題

  石原都知事の天罰発言/震災は天の恵み?/

  宗教者の発言ーーカトリック/宗教者の発言ーープロテスタント

  知識人の発言/内村鑑三の論/堕落した都市・東京/

  犠牲の論理の典型/国民全体の罪を負わされた死/

  「非戦主義者の戦死」/死を意味付けることの問題/

  天罰論と天恵論の決定的不可能性/原発は天罰か、天恵か/

  天罰論が天恵論になるのはなぜか/なぜ、この震災が天罰なのか/

  震災にこじつけない/「日本」イデオロギーの表出/ 

  危機だからファシズム

第二部 沖縄

 第四章「植民地」としての沖縄

  普天間基地移設問題とは/政権交代で見えてきた戦後日本の犠牲/

  沖縄は日本の捨て石にされた/天皇メッセージ/戦後沖縄の運命/

  沖縄の犠牲なしに戦後日本は成り立たなかった/

  〇・六%N土地に七四%の負担/

  無意識の植民地主義/可視化された犠牲のシステム/

  可視化されたこその「感謝」表明/

  沖縄は眠ってなどいなかった

 第五章 沖縄に照射される福島

  「植民地」としての福島/沖縄と福島ーーその相違点と類似点/

  交付金補助金による利益誘導/本当に地域の役に立っているのか/

  見えない前提ーー地域格差植民地主義を正当化する神話

  もう一つの神話ーー民主主義/国民投票の危うさ/

  犠牲となるのはだれか/だれが犠牲を決定するのか/

  犠牲なき社会は可能か

あとがき

主な参考文献

Amazon CAPTCHA